全日程無事に終了いたしました。
たくさんのご来場まことにありがとうございました!

2006年12月13日

シベリア少女鉄道 - シベリアギャルズ観察記。

こんばんわ。
稽古場に行こうとして迷い、歩き回った挙げ句交番に駆け込んだら
『こんな離れたとこに来て、どうするの。』と言われ、そりゃこっちが聞きたいよ、って思った安元です。
制作です。これでも。
握り締めた地図にはすでに載っていない、違う地域に行き着いていました。
結局あまりに遠くに来てしまったため、タクシーに乗りました。
とりあえず、生きて稽古場に行けてよかった。

そんなどうでもいいことで稽古に遅刻し、MARIちゃんも激写できず。
今日は、とっても、とっても可愛いニットを着ていたの!
袖がふわっと膨らんでいて、腕はぴちっとしているの!
いちごのチョコをくれたの!

なんだか、稽古場が華やかでよいですね。
シベリアギャルズを観察していると飽きないです。

帰りの電車では、ギャルズの浜ちゃんこと浜口綾子ちゃんに、瑛太のよさについて、力説しました。一方的に。
ギャルズの中でもクール担当の浜ちゃんに『妄想ですよね』って言われたYO!しびれる!

『キムタクのかっこよさは、認めざるをえない』というのが、ギャルズと私の、唯一、一致した意見でした。
さすがだね、キムタク。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。