全日程無事に終了いたしました。
たくさんのご来場まことにありがとうございました!

2006年12月29日

野鳩 - 野鳩 おわり

水谷です。

野鳩×里中あや『ぜったいあの娘はボク専用(愛蔵版)』
終了いたしました。

最後の回はあたたかいお客さまに
多数ご来場いただきまして本当にありがとうございました。
出演者やスタッフ一人ずつに里中ファンの方から
プレゼントを頂いたり。

かと思うと、打ち上げの飲み屋の店員がウチらに妙に厳しくて。
とりわけウーロン茶のオーダーの通りづらさには
ものすごいものがありました。
異文化交流ってむずかしいな。

野鳩のお台場SHOW-GEKI城はこれにて終了。
すべての方に、本当にありがとうございました。
3月の本公演の準備に入ります。
もしよろしければ、こちらの方もどうぞよろしく。

セグウェイ、今日こそ乗りに行こうか。


野鳩 水谷圭一
この記事へのコメント
水谷さんへ

野鳩×里中あや「ぜったいあの娘はボク専用(愛蔵版)」
6日間7公演、お疲れさまでしたm(_)m
毎回楽しく観させていただきました(*^ ^*)
「楽しく、ちょっと切ない時間」をありがとうございました。

舞台が終わってしまい、チョット寂しくなったので「安全地帯のベスト」を手に入れてしまいました(;^ ^A
もちろん「少年時代」も・・・(笑)

そういえばお台場(初めて)に通いましたが、セグウェイは・・・見ました。(乗れませんでした(笑))、
球体展望室・・・行ってません(笑)

3月の公演は、ぜひ観させて頂きたいと思っています(^ ^)
Posted by がん。。 at 2006年12月29日 23:47
水谷さん、野鳩の皆さん、公演お疲れ様でした。

今までお芝居の観劇そのものにあまり縁がなかったのですが、野鳩×里中あやさんの舞台を観て、とても楽しませていただきました。大掛かりなミュージカル等とは違って、その場の息づかいまで感じられるところも魅力ですね。

テンポの良いストーリー展開に加え、出演なさった役者さんそれそれが、重要な役割を果たしてみえて、とても見応えがありました。初めてという映像効果や、音楽等の演出も完成度が高く、でも手作り感の感じられる絶妙なバランスも良かったです。

後になるほど観客の皆さんが増えていったのも、うなづけますね。楽しいひとときをありがとうございました。

最後に少しだけ気になっていますことを2つ。人見知りの皆さんとのことですが、最後の打ち上げまでには、里中さんと打ち解けられましたでしょうか? きっと大丈夫ですね。また水谷さん、セグウェイには乗れましたでしょうか。

それでは、また、どこかで。
Posted by iNE at 2006年12月30日 00:13
水谷様、野鳩の皆様こんにちは
「ぜったいあの娘はボク専用(愛蔵版)」、6日間7公演お疲れさまでした。
とても楽しく観させていただきました。
各々のキャラクターがしっかりとして味があり、ストーリーのテンポも良く、まとまっていました。
個人的には、ノリの良い「神様」、台詞は少ないけれども重要な「おじさん」がお気に入りでした。
3月からの本公演、頑張ってください。
Posted by かわのじ at 2006年12月30日 16:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。